山中湖インフォメーションセンター
HOME 会社概要 サイトマップ
YICについて 体験プログラム 校外学習ご案内 施設紹介 お問い合わせ 周辺案内 アクセス

体験プログラムの一つエコツアー。エコツアーとは一般的には「環境保全」「経済効果」「地域理解」の三つの柱があると言われています。山中湖インフォメーションセンターでは、これらの柱を深く理解し、これからの自然環境や地域への理解を深める学習としてご利用していただければ提案させていただいています。

体験プログラムタイトル
エコツアー

ECO TOUR

エコツアーとは「自然環境や歴史文化を体験しながら学ぶ」ことです。一般的には「環境保全」「経済効果」「地域理解」の三つの柱があると言われています。これらの柱を深く理解し、これからの自然環境や地域への理解を深める学習としてエコツアーは生まれました。



アイコン 鉄砲木之頭
入会地で茅場として使われ、豊富な草原性の植生物の観察を通して、植物社会の仕組みについて学ぶ。
山中湖と富士山の眺望もすばらしい




アイコン 籠坂から三国山
籠坂から三国山
このコースは裸地に近い草原から、植物推移の指標としてのブナ林までの課程を観察することができる。
また、風の影響を受けて縮小化したブナなど、特異な森も見どころの一つである。



アイコン ハリモミの純木林
ハリモミの純木林
富士山腹から同時期に噴火し流出したであろうと言われている、鷹丸尾、剣丸尾、青木ヶ原3溶岩流。この3つの溶岩流は標高、時期ともに同じ様な状況であ るにもかかわらず、植生の全く違う森が形成されている。世界的に見ても貴重なハリモミの樹林で知られる鷹丸尾の散策と観察をメインに、火山活動にまつわる 富士山の歴史と、これに大きな影響を受け局地的に形成されてきた森林の特徴について学ぶ。



アイコン 富士山ナショナルトラストへの参加
約800年前に噴火した宝永山火口周辺には、草木の生えない広大な火山荒原が広がっており、雪崩や土砂崩れが頻発しています。現在この周辺では、植生の復活のための植林作業がNGO活動として展開されています。ボランティアとして参加し、日本人の心のふるさと「富士山」の自然環境を自らの手で甦らせるプログラムです


▲Page top